0から始めるストリートファイターV#01

2016.02.09:STREET FIGHTER V

まずは始める環境を整えよう。

ストリートファイターⅤはプレイステーション4版とPC版がある。
クロスプラットフォームというシステムを採用しているので、プレイステーション4版を使ってPC版の友達と遊ぶこともできる。

なのでハイスペックPCを既に持っている人や、ちょうどPCを買い替えようと思っている人はPC版を、そうでない人にはプレイステーション4版をオススメします。

PS4版とPC版で必要なものをそれぞれまとめていきます。
初心者の方はどれを買えば良いのか判断するのが難しいと思うのでオススメも紹介します。

PS4版

其の壱:プレイステーション4

言わずと知れたプレイステーションの最新機種。
内蔵HDDの容量が500GBのものと1TBの2種類がある。
ダウンロード版のゲームソフトを沢山買う予定がある場合だけ1TBを買おう。
ブルーレイとDVDを観ることができるオマケ付き。

其の弐:ストリートファイターⅤゲームソフト

ストリートファイターⅤにはパッケージ版とダウンロード版がある。
パッケージ版のメリットは友達に貸したり、飽きたら売れる。

ダウンロード版のメリットはディスクの出し入れをする必要が無く、他のゲームソフトやブルーレイディスクを入れたままゲームが出来る。

其の参:PS4用アーケードスティックコントローラー(通称アケコン)

PS4純正コントローラーでもプレイは可能だが、格闘ゲームは消耗が激しく数ヶ月で壊れてしまう。
ゲーセンや個人が主催する格闘ゲームイベント等でもやはりアケコン操作が主流なので慣れておいた方が良い。
使いやすさやコスパを考えるとリアルアーケードPro.V HAYABUSAがオススメ。
従来のPS4/PS3用アケコンとは違いXinput機能が使えるのでPCでも簡単に使える。
似た名前の旧バージョンだとボタン等が使いにくくPCでの設定も面倒なので注意して下さい。

公館五号機

オーダーメイドアケコン:新型公館五号機

金銭面を考慮しないのであれば公館五号機もオススメ。
レバーやボタンはもちろん、色や天板の絵も自由にカスタマイズできる。

公館五号機:Reiketsuhidou.jp

其の肆:ゲーミングモニター

多くの液晶テレビ・パソコンモニターには画面表示に大きな遅延が発生する。
遅延が大きければ大きいほど不利になるのでモニターは慎重に選びたい。
RL2460HTはアメリカ最強のプロ格闘ゲーマーJustin Wong氏が監修した格闘ゲームの為のモニターである。
値段もお手頃なのでよほどこだわりがなければこれを買おう。

もしもテレビでゲームがしたいのであればREGZA一択だろう。
液晶テレビにも関わらず、画面遅延が驚異の0.05F(1Fは1秒の60分の1)
同じREGZAでも機種によって遅延が違うので注意して下さい。
画面遅延0.05に対応しているのはJ20X・G20X・J10の3種(J10Xは違うので注意)

其の伍:PlayStation Plus 利用権

オンライン対戦をする為にはPlayStation Plusに加入しないといけない。
PS4を起動してクレカ登録をする方法もあるが、初期設定が自動更新ONになるのでうっかり止め忘れてしまうと、PS4をやらなくなったのに毎年お金を払うことになる。

その為、クレカ登録をせずオンラインコードの購入をオススメします。

PC版

其の壱:パソコン本体

お持ちのPCとストⅤの動作環境を比較して下さい。

参考サイト

格ゲーチェッカー:ストⅤ推奨・最小スペック紹介ページ

其の弐:STEAM版ストリートファイターⅤ

Logo_Steam

PC版ストリートファイターⅤはSTEAMで販売されています。
購入・ゲームプレイにはアカウントが必要となりますが、簡単に作れます。

其の参:PC用アーケードスティックコントローラー(通称アケコン)

PC用のアーケードスティックは現在はこのHAYABUSA一択。
他のPS4/PS3版のアケコンを買ってしまうと設定が非常に面倒臭い。
似た名前の旧バージョンもあるので注意して下さい。

XBOXアケコンを持っているのであればそのまま使用可能だが、新規購入するのであればXBOXアケコンは避けた方が良い。

其の肆:ゲーミングモニター

通常のパソコンモニターでは画面表示に大きな遅延が発生する。
遅延が大きければ大きいほど不利になるのでモニターは慎重に選びたい。
RL2460HTはアメリカ最強のプロ格闘ゲーマーJustin Wong氏が監修した格闘ゲームの為のモニターである。
値段もお手頃なのでよほどこだわりがなければこれを買おう。

次の記事