0から始めるストリートファイターⅤ#02

2016.02.12:STREET FIGHTER V

今回はインターネット環境について。

ストリートファイターⅤでは、インターネットを利用して全国のプレイヤーと対戦することができる。
お互いが快適に対戦できるように環境を整えよう。

回線選び

格闘ゲームをやるなら光回線一択。
以前は光回線と言えばフレッツ光だったが、今は光コラボで選択肢が増えた。
回線はどうしても他の人たちと共有することになるので、一番利用者が多いフレッツ光はその分ラグが起きる可能性が高い。

戸建てタイプとマンションタイプ

光回線の契約には大きく分けて2つのタイプがある。

戸建てタイプ
月額料金は高いが、直接光回線を家に引き込むので通信速度が速く安定感が高い。

マンションタイプ
月額料金は安いが、回線を分配するので戸建てタイプよりも通信速度が遅くなる。
特にフレッツ光のマンションタイプの場合、ゴールデンタイムなどの利用者が多い時間ではラグが増えて対戦にならない状況に陥る可能性が高くなる。

地形にもよるが、住んでいるのが1~3階ならばマンションでも戸建てタイプを頼むこともできたりする。
戸建てタイプがオススメなので、気になる人は業者に問い合わせしてみてください。

必ず有線LANで接続しよう。

接続が不安定になる無線LANは格闘ゲームのネット対戦との相性は最悪。
自分は快適にプレイしてるつもりでも、相手には過酷な環境を強いる場合もある。

なるべく自宅の環境に合った長さのケーブルを買おう。
長すぎると邪魔になるし、邪魔になった分を巻いてしまうと通信に影響が起きる。

LANケーブルにはカテゴリーがある。
最高値はCAT7だが色々と難しい理由から、家で使うならCAT6辺りが良いそうです。
どれだけ回線が良くても、ケーブルが悪いと通信速度が落ちてしまうので数字が低すぎるものは避けよう。

回線環境が悪いと本来反応できる技にも反応できなくなったりして、変な癖がついてしまう場合がある。
快適な環境を整えるのも強くなる為には欠かせない。

次の記事
0から始めるストリートファイターV#03