ストⅤとPS3コントローラーについての話

2016.02.14:STREET FIGHTER V

先日「ストⅤでもPS3用コントローラーが使えるようになる」との話でTwitterのTLが盛り上がっていました。
ストⅤもどうやらウルⅣの時と同じシステムを使ってPS3アケコンを使えるようにするとの噂。
昨年、PS3アケコンをPS4で使用して何度か大会に参加したのでその時の感想をまとめます。

1.PS3アケコンをそのまま刺してすぐに使えるわけではない
最初にPS4純正ワイヤレスコントローラーDUALSHOCK®4(以降、PS4パッドと呼ぶ)を挿す。

PS4パッドでアカウントにログインをしてゲーム画面へ。

ゲーム画面まで進んだらPS4パッドを抜いてPS3アケコンに挿し替える。
慣れれば1分かからない設定でも、毎回やらないといけないとなるとちょっと面倒。
PS4対応アケコンなら刺しっぱなしにしてるだけで毎回使えます。
2.遅延がある
PS3コントローラーの入力をPS4用に変換しているのでどうしても遅延が起きてしまう。
3.PS4パッドが常に必要
これが地味に面倒臭い。
大会やイベントで自分のアケコンを使いたい場合に荷物が増える。
PS4パッドの充電が切れるとPS3アケコンの動作も止まってしまうので、予めしっかり充電しておくか、PS4以外の場所に繋いで充電する必要がある。
4.危険が増える
PS4パッド側でも入力が有効なので、PS4パッドが落ちてしまったり他人に触られてしまうと対戦に影響が起きる。
実際に触られなかった場合でも、気が散って集中力が途切れてしまう。
5.強制的に1P側になる
強制的に1P側になるので、既に1P側にPS4アケコンが繋がれている場合はお互いが1P側の操作となってしまう。
こうなってしまうとゲーム再起動してやりなおさないといけなくなり非常に面倒。
※お互いがPS3アケコンを使用する場合はきちんと1Pと2Pに振り分けられる。
6.同じ種類のPS3アケコンは同時に使えない
同種のPS3アケコンを使おうとすると後から刺した方は認識されない。
大会で同じPS3アケコンを持っていた場合はどちらかが譲らなくてはいけなくなる。
7.大会で使用禁止の場合がある
不具合や他人の理解が必要といった観点から、大会で使用禁止となる場合も多い。
そうなると不慣れなアケコンで大会に参加することになってしまう。

これらの理由から、もしもウルⅣと同じシステムを利用しているのならPS3アケコンの使用はオススメできません。

次回の記事ではPS4対応アケコンとPC対応アケコンについてまとめます。
0から始めるストリートファイターⅤ#01の記事でも紹介しましたが、簡単に説明しただけだったので。


次の記事
PS4とPCのアーケードスティックコントローラーの話