2021.09.10 コンボ紹介

初心者向けケンコンボ解説

※この記事は最新バージョン(シーズン5)に対応しています。

コンボ表の見方

【例】




強昇龍拳(+
ルート上のPは「パンチ」・Kは「キック」を表しています。
P・K・技名の前にある弱・中・強は技の強度を表しています。
は該当の技をキャンセルする事を表しています。
上の例の表記は、上から順番にまず「しゃがみ中P」から「立ち弱K」に繋ぎ、次に「立ち弱K」からキャンセルで「強昇龍拳」に繋ぐというルート表記になります。

はじめに

ストリートファイターⅤを始めたばかりの人向けのケンコンボ解説です。
初心者にオススメ且つ上級者も使うコンボをピックアップしてあります。

初心者向けケンコンボ



強波動拳(+)
しゃがみ状態で中キックを押してからすぐに波動拳の入力を始めましょう。
離れていると波動拳が繋がらないので近めに立って練習してください。
胴着系と呼ばれるリュウやケンなどの基本となる行動なので頑張って練習しましょう。
顎撥二連(+

強竜巻旋風脚(+)
自分のキャラクターと反対向きに方向キーを入力しながら中パンチを押しましょう。そうすると普段の中パンチとは違った特殊技が出ます。
後ろ中パンチの動作中に早めに強パンチを押すと顎撥二連(ターゲットコンボ)と呼ばれる連続技を出すことが出来ます。
強パンチを↓入力しながら押すと次の竜巻旋風脚の入力が簡単になります。
顎撥二連の2発目の強P後はすぐに竜巻旋風脚の入力を始めましょう。
慣れてきたらこのコンボをジャンプ強Kから繋げてみましょう。




強昇龍拳(+
立っている状態で弱パンチを押した後に弱キックを押しましょう。
弱キックを押した後は素早く強昇竜拳を入力します。
昇竜拳の最初のコマンドである→を立ち弱キックの前に入力しておくと簡単になります。
必殺技はかなり早く入力する必要があるので難易度は高めですので、難しかったら他のコンボから練習しましょう。


中竜巻旋風脚(+)

EX昇龍拳(+
立っている状態で強パンチを押してからすぐに竜巻旋風脚の入力を始めましょう。
中竜巻旋風脚が終わる頃にEX昇竜拳の入力を開始しましょう。
EX昇竜拳は昇竜拳コマンドの後にパンチボタンを二つ同時に押すことで出すことが出来ます。ボタンの組み合わせはどれでも構いません。
このコンボは見た目も良くダメージも高いので成功した時の爽快感が高くオススメです。

まとめは以上となります。

当ブログの記事は全てミルダムの定時配信平日毎朝8:15~12:15)上で作成していますので、質問等があればお気軽にコメントしてください。

同カテゴリー内新着記事