2021.11.01 初心者向け

0から始めるストリートファイターⅤ#2 コントローラーの選び方

今回の0から始めるストリートファイターⅤは操作デバイスを選ぶ時の参考になるようにまとめた、各デバイスのメリットとデメリットの紹介です。

操作デバイスの種類はゲームパッド・キーボード・アーケードコントローラー(以下アケコン)・レバーレスコントローラー(以下レバーレス)の4種類です。

※筆者は過去に4種類全てを実際に使って各デバイスの特徴を検証しています。

手元にゲームパッドがある人はまずはそれを使ってみるのをオススメします。
FPSなどでキーボード操作に慣れている方はキーボードで始めるのも良いですね。

ゲームパッドやキーボードを使ってみて下記のデメリットが気になった方は、レバーレスかアケコンへの移行を検討しましょう。

ただしアケコンはゲームセンターでレバー操作に慣れていた人たちの為のデバイスなので、ゲームセンターで遊んだことがあまり無い・新規に始める人にはレバーレスがオススメです。

レバーレスは操作が難しいと言われますが、実際にはそこまで難しくありませんし、むしろ初めての方はレバー操作の方が難しい可能性すらあります。

各デバイスのメリットとデメリット比較

操作面のメリット

ゲームパッド
他のゲームで使ってきた人が馴染みやすい
移動の操作が直感的にできる
指の小さな動きで操作する為、入力速度が早い
キーボード
FPSでキーマウを使ってきた人が馴染みやすい
キー設定が自由に出来るので慣れているFPSの操作に合わせやすい
入力速度が速い
アケコン
ゲームセンターでプレイしていた人が馴染みやすい
半回転・1回転コマンドが入力しやすい
同時押し入力や連打がしやすい
レバーレス
理論値最強と呼ばれるほど入力速度が早い
同時押し入力や連打がしやすい

操作面のデメリット

ゲームパッド
同時押し・ずらし押し・ボタン溜めの操作が難しい
キーボード
一回転コマンドが難しい
安価なキーボードの場合に同時押し可能なキー数に制限がある
アケコン
手を使ったレバー操作なので入力が遅い
レバーレス
ニ回転コマンドが難しい
純正ヒットボックス配置の場合、右手側の攻撃ボタンが24mmサイズなので手が大きい人は操作がし辛くなる

環境面のメリット

ゲームパッド
入力音が静か
自分の好きな姿勢でプレイすることができる
持ち運びが楽
キーボード
自分の手の大きさに合わせたボタン配置のカスタマイズができる
薄くて軽いので持ち運びがしやすい
アケコン
好みのレバーやボタンにカスタマイズすることができる
格闘ゲームをしている感が出せる
ゲームセンターでアーケード版をプレイする時に困らない
レバーレス
好みのボタンにカスタマイズすることができる
アケコンと比べるとレバーの出っ張りがない分持ち運びがしやすい

環境面のデメリット

ゲームパッド
指が痛くなりやすい
キーボード
物によってはタイプ音が煩い
掃除が大変
アケコン
レバーやボタンの入力音が煩い(静音レバーや静音ボタンに変えると解決)
重い
大きいので保管場所の確保が必要
持ち運びが大変
レバーレス
重い
静音ボタンを使わないと入力音が煩い
大きいので保管場所の確保が必要

費用の違い

初期費用

ゲームパッド
5,000~10,000円
キーボード
1,000~30,000円
アケコン
メーカー品は大体10,000~30,000円
レバーレス
30,000円前後

メンテナンス費用

ゲームパッド
消耗した時にゲームパッド本体をメーカー修理、もしくは買い替えないといけない
キーボード
特殊な物を除いてスイッチが壊れても交換することが可能
アケコン
レバーやボタンが壊れた時にパーツ単位の交換だけで済む
レバーレス
ボタンが壊れた時にボタンの交換だけで済む

0から始めるストリートファイターⅤ:次の記事

まとめは以上となります。

当ブログの記事は全てミルダムの定時配信平日毎朝8:15~12:15)上で作成していますので、質問等があればお気軽にコメントしてください。

同カテゴリー内新着記事